ETCカードを使う時の注意点

HOME>ETCカードを使う時の注意点

ETCカードを使うだけで高速料金は安くなる

ETCカードを使う時には、正しく使うようにしましょう。

ETCカードを使用する時には、様々な注意事項があります。ETCカードはクレジット機能も搭載されていますから紛失しないようにすることが、最も大切な注意事項ですね。

ETCカードは、ETC機能とクレジット機能が一体化したものであっても、ETC専用のものであったとしても、車載器に挿入したままにしておくのはよくありません。

一回一回挿入しなおすのは面倒なので、つい、いつも挿入したままにしているという人が多いかもしれません。

ETCカードにはクレジット機能がついているので、高速道路など有料道路の料金所では、お財布からお金を取り出したり、料金所の係員にお金を渡しておつりを貰ったりなど、面倒な手間を省くことができてとても便利です。

また、他の車でも使用できます。車載器さえ設置されている車であれば、どの車でも自分のETCカードを挿入して、ETCを利用することができるのです。

クレジットカードと一体化している場合は、日常生活の中でも使うことが多いので、車載器から抜くという人が多いのですが、ETC専用のETCカードだと、普段車に乗らない時は使うことがないので、つい、挿入したままにしているという人もいると思います。

ですが、車の中にカードを放置しておけば車上狙いにあったときにカードを抜き盗られてしまったりする事件も起きています。

他人にクレジットカードが渡ってしまったら・・・と考えるだけでも恐ろしいですね。ですから面倒でも、一回ずつ抜いて安全に利用しましょう。

とくに、パーキングエリアやサービスエリアでは注意が必要です。長距離を運転してきて、ドライバーも疲れている時や、すぐ戻るつもりだからと、ETCカードを車載器に挿入したまま、車を離れてしまう人も多いようです。

パーキングエリアやサービスエリアで食事をしたり、体を動かすために運動をしたりすることで、気持ちもリフレッシュできますから、自動舎を運転する時には、適度に休憩を取ることが大切です。

ですが、気を緩める前に、まずはETC車載器を抜いてから休憩に行きましょう。

車載器の中にカードを挿入したままで車を離れてしまうことは、お財布やお札そのものを車の中の見えるところに置きっぱなしで車を離れることと同じです。

すぐ戻ってくるつもりでも必ず抜いてくださいね。

また、夏場は、カードを挿入したままエアコンを切ってしまうと、車内の温度が上がり、ETCカードにも異常がでることがあるようです。料金所で、エラーになってしまうと、トラブルを招きますから、気をつけてくださいね。

ページトップへ

おすすめ外部サイト

ETCカード
自分にピッタリのETCカードが安心して見つかるぜ。管理人さん独自の評価が参考になるね。
http://www.etcカードmax.com/

ドラぷら
目的地までのIC検索やリアルタイム渋滞情報などは長距離移動の時に役に立つぜ!
http://www.driveplaza.com/