ETCカードの役割

HOME>ETCカードの役割

ETCカードがどのような働きをするのか?

年々ETC搭載車が増え、ETCを利用する人が多くなり、高速道路などの有料道路では、ETCレーンが主流になっています。そして、車を利用するのであれば、高速道路などの有料道路を利用するのであれば、ETCを導入することは当然のことのようになっています。

ETCを利用するためには、色々準備するものがありますが、その一つにETCカードがあります。ETCを導入するためには、ETC車載器とETCカードはセットで必須です。

ETCとは、高速道路などの有料道路の料金を自動で精算する「自動料金収受システム」のことです。ETCを導入していない場合は、料金所で車をストップさせ、通行券を受け取り、再び料金所でお金を用意して通行券を係員に手渡します。

窓を開けて通行券を貰ったり、料金を支払うという簡単な工程ですが、一人でお財布からお金を用意したり、通行券を渡したり、おつりを受け取ったりするのは大変なこともありますし、上手に車を寄せれない人は、失敗してしまったこともあると思います。

ですが、ETCを導入している自動車の場合は、有料道路を利用した際、料金所に設置してある無線と、自動車に搭載している車載器の間で無線によって料金を精算し、収受を行います。

つまり、料金所でストップしたり、車を寄せたりしなくても、スピードを落としてETCレーンを通り抜けるだけで、料金の精算が完了します。

このように便利なETCを利用する際には、必ずETCカードが車載器に挿入されていることが必要です。

ETCカードが車載器に挿入されないままにETCレーンを通過しようとしたり、ETCに対応していないカードを間違って挿入しているとバーに引っかかります。

後から来る車は、十分な車間距離をとって走っているはずですが、そういったミスでバーを下ろしてしまうと危険ですし、迷惑もかかります。

高速道路などの有料道路を走る時には、事前にETCカードがきちんと挿入されていることをチェックしましょう。

また、自分の車だけでなく、ほかの車が想定外なトラブルを、ETCレーンで起こすこともありますし、何らかの理由で、料金所のスタッフが、ETCレーンを横切る事もあります。

ETCレーンを通る時には車のスピードを時速20キロに落とすことが必要ですが、十分に車間距離を保って、安全を確認するようにしてください。

ETCの導入によって、今まで不便だった料金所での様々なことが便利でスムーズになるはずです。今現在、80%を超える車がETCを導入しています。

やはり便利であることがその理由として挙げられると思いますが、きちんとした使い方をしなければ、せっかくのETCの魅力が生かされません。正しく、マナーを守って利用したいですね。

ページトップへ

おすすめ外部サイト

ETCカード
自分にピッタリのETCカードが安心して見つかるぜ。管理人さん独自の評価が参考になるね。
http://www.etcカードmax.com/

ドラぷら
目的地までのIC検索やリアルタイム渋滞情報などは長距離移動の時に役に立つぜ!
http://www.driveplaza.com/